韓国籍の方ですと、日本人の相続とは違う法律・証明書・歴史知識などが必要です。

医療でいうと、専門外来・専門病院でしょうか。

そして、一般の司法書士さん・行政書士さんは、基本的に日本の相続しか知りません。
なので、韓国の相続に関する知識を持っている司法書士・行政書士は、とても少ないです。

医療ですと、専門知識が必要な病気だと、専門病院に紹介状を書いてもらいますよね??

しかし、
「なんとかやってみよう!分からんけど。」
「同業や法務局に電話したら、バッチリな答えを教えてくれるはず」
「ネットや本にやり方は載ってるでしょ!」
などと、受任なさる士業の先生がいます。

このような方に依頼すると、後悔するかもしれません。
よく聞く問題の上位3つは、

①お金だけ取られて、たらい回し

②長期の放置

③(適当ながら頑張った分の)高額な調査料・相談料

 

きっぱりと「知識も経験もないので、他の事務所を紹介します」と言ってくれたら良いのに!って思いますよね!

 

また、相談者様が口を揃えて言うのは、(やはり根強い)偏見・・・

 

人間を疑って見られ、言ってることを信用してくれないそうです。
怒られた!とか、話が成り立たない!とかも、お聞きします。

 

また、手続きをしてもらったにしても、間違った説明をされ、間違った処理をされることもあります。

 

名古屋松原法務事務所は、このような被害を受けないためにも、

適切なアドバイス・迅速な対応・合法な手続きをおこなうことを目的としてます!

 

「当事務所で解決できますよ!」と聞いて、ホッと安心されます。

もっと早くに頼めばよかった!

韓国のことを知ってるから話が早い!

プロだから安心!

 

専門知識はありますし、豊富な経験もあります!
相続で争っているなら、韓国法に強い弁護士を迅速に紹介します!

お気軽にご相談なさってください☆